神居尻山


当別町の道民の森にある神居尻登山道を半分だけ登ってきました。何しろ道民の森まで我が家から1時間半かかりましたから、午後からの出発では避難小屋で一泊することになります。明日は雨竜沼を見に行く予定ですから、山頂まで1km地点で引き返してきました。


先週はここでトレイルランが開催されていたようで、訪問を今日にして正解でした。そういえば、登山中にダウンヒルのバイク一台とすれ違いましたよ。命知らずって本当にいるんですね。あの斜度ではブレーキなんて意味がないと思われます。走って登ったり降りたりするのも私には真似できませんね。たぶん心臓が破裂します。


登る前に立ち寄った総合案内所は凄く立派でした。市民の森にはあり得ない施設です。予算の違いは大きいですね。ここで登山道マップと、散策路マップをもらいました。大楢の木を見たかったのですが、スズメバチが発生しているらしく、進入禁止で入れませんでした。


高度計を持っていないので標識を信じるしかないのですが、約500m前後まで登ったようです。名前はわかりませんが、小さな山の山頂を極めて下山を開始しました。今日はAコース登山道を歩きました。山頂まで1kmという標識のある場所の手前だけは少し急でしたが、それ以外はなだらかで老体に優しい山道です。次回があれば、必ず神居尻山山頂を極めますよ。


この辺には登れる山がたくさんあるんですね。調べてみると...ピンネシリ、待根山、隈根尻山、樺戸山、浦臼山、三角山、丸山などがヒットします。すべてに登った人って、やはりいらっしゃるんでしょうね。これくらいの低い山なら、それなりの緊張感を維持できれば死ぬことはないでしょうし、何より健康になれます。一番気を付けなければならないのは、熊でしょうか。ここ、目撃談がかなり多い場所のようです。


今日のスタート地点は道民の森・神居尻地区の総合案内所でしたが、森林学習棟のエリアにある駐車場には大型車用の駐車枠が数台分ありました。まぁ、チャーターバス用だとは思いますが、すべてバスが停まっていることはまずないでしょう。登山好きのトラックドライバーが仕事の合間にちょっと登るってのもありだと思いますよ。たまにポッカリ仕事に穴が開く日ってあるじゃないですか。そんなとき、私は近くの小さな山と温泉を探します。

コメント

非公開コメント